瀬戸プリンセス
瀬戸プリンセスについて

「瀬戸プリンセス」は、リバーファームで育った「南香」と「天草」の交配により育成された「愛媛果試第28号」という品種です。
果皮は薄くなめらかで、濃い紅色をしています。果肉は柔軟多汁で、食べやすいゼリーのような食感で、外観・品質とも良好な中晩柑橘です。

瀬戸プリンセス
瀬戸プリンセス

薄皮はほとんど感じないほど柔らかく、とろけるゼリーのような食感です。甘みと酸味が絶妙なバランスで、甘みは強くても後味はスッキリとしていて、驚くほど美味しい果実です。

瀬戸プリンセス

ハウスの中で育った瀬戸プリンセス。健康な木には良い実がなります。

瀬戸プリンセス

収穫時期は12月初旬〜1月初旬。しずく状の形になっているのは、実が柔らかいので自分の重さで垂れています。

瀬戸プリンセス

中身が詰まっていて、ずっしりと実が重くなっています。水をたっぷりと吸って、ぷるぷる食感になっています。

瀬戸プリンセス

皮のむきやすい品種です。

瀬戸プリンセス

小さいものほど、甘く濃厚な味わい。大きいものはゼリー食感はそのままに、少しさっぱりしています。大きいものでもきめ細かく美しいことが特徴で、ご贈答に喜ばれています。

ご注文はこちらから
瀬戸プリンセス-価格表

【販売期間:12月初旬〜1月初旬】
全ての瀬戸プリンセスの木が10年を超えました。10年超えの木は、甘く大きな実をつけます。全ての木が10年を超えましたので、全ての商品が「プレミアム=通常商品」として販売させていただきます。今後ともよろしくお願いします。

箱の種類 サイズ 個数 金額(税込) 商品 備考
化粧箱 3L

10

11,000

瀬戸プリンセス化粧箱3L10個 販売終了
2L

12

9,900

瀬戸プリンセス化粧箱2L12個 販売終了
L

15

9,900

瀬戸プリンセス化粧箱L15個 販売終了
2L

8

6,600

瀬戸プリンセス化粧箱2L8個 販売終了
L・M

8〜12

5,500

瀬戸プリンセス化粧箱L・M8〜12個 販売終了
木箱 M

20

12,100

瀬戸プリンセス木箱M20個 販売終了
箱の種類 化粧箱
サイズ 3L
個数 10
金額(税込) 11,000
商品 瀬戸プリンセス化粧箱3L10個
備考 販売終了
箱の種類 化粧箱
サイズ 2L
個数 12
金額(税込) 9,900
商品 瀬戸プリンセス化粧箱2L12個
備考 販売終了
箱の種類 化粧箱
サイズ L
個数 15
金額(税込) 9,900
商品 瀬戸プリンセス化粧箱L15個
備考 販売終了
箱の種類 化粧箱
サイズ 2L
個数 8
金額(税込) 6,600
商品 瀬戸プリンセス化粧箱2L8個
備考 販売終了
箱の種類 化粧箱
サイズ L・M
個数 8〜12
金額(税込) 5,500
商品 瀬戸プリンセス化粧箱L・M8〜12個
備考 販売終了
箱の種類 木箱
サイズ M
個数 20
金額(税込) 12,100
商品 瀬戸プリンセス木箱M20個
備考 販売終了
ご注文はこちらから
瀬戸プリンセス-成長日記

めぐまれた環境の中でのびのび育つ瀬戸プリンセス。美味しく育つ姿をご紹介します。

  • 2024年2
    瀬戸プリンセス

    剪定を進めています。1日4本程度の剪定しかできないので1ヶ月以上かかります。1本1本の剪定の量が多いため、1日にできる作業が限られています。コツコツとするのも農業らしさですね。

    瀬戸プリンセス

    グリーン絨毯のように枝が敷き詰められています。キレイに見えますが、驚くほど大きくて鋭いトゲがあるので、この上を歩くことはできません。他の柑橘農家さんからすると信じられないほど枝を剪定します。瀬戸プリンセスのお世話がかかる所ですがここの作業が1年間のうちでもとても重要な作業の一つです。

    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    瀬戸プリンセスの木の作り方は、枝を横に広げていくように細く長い枝を伸ばしていきます。細い枝でゆっくりと果実を成長させるためです。リバーファームならではの剪定の仕方です。

    瀬戸プリンセス

    たくさんの枝がハウス中に落ちています。これを取り出すのも大変です。

  • 2024年1
    瀬戸プリンセス

    年末までたくさんの果実を育てた後なので疲れている状態です。まずは水やりをしながら剪定を始めます。

    瀬戸プリンセス

    枝先が枯れているものがあります。日照不足の部分だったり、枝から養分がうまく流れなくなったりと原因は色々ありますが、枯れている枝先は早めに剪定する必要があります。昨年は弱い剪定だったので、今年は強めの剪定(枝を多目に切ること)をします。

    瀬戸プリンセス

    キレイな形で色も濃く健康な葉です。このような状態の木々はとても健康なので安心です。葉や枝の状態は生育に関わるので1本1本じっくりと観察が必要です。

    瀬戸プリンセス

    水やりは電磁弁をつけています。指定している時間で自動的に水やりができるのでとても便利ですが、これはもうすぐ電池切れ ですね。このように電池が少なくて水やりの量が減っていないか?機械が故障していないか?など気を配る必要はあります。任せっきりにしていると木々に負担をかけてしまいます。

  • 2023年12
    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    (12月13日)どんどん収穫しています。収穫後すぐに箱詰めして配送しますので鮮度の高い果実がお客様の所へお届けされるのが農家直送の良い所かもしれませんね。

    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    一つひとつ選別していきます。大きさや傷、変形など無いか一つひとつ確認しながら箱詰めします。これだけは責任者として人に任せられない部分です。(性格上でもありますが)確認しなければ気が済まないのです。

    瀬戸プリンセス

    自分で育てた瀬戸プリンセスが誰かの元へ届けられる、そんな事を感じる瞬間ですね。買っていただくお客様に感謝です。

    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    瀬戸プリンセスを入れるモールや保護するクッション、化粧箱などの資材が事務所にいっぱいに積まれています。今だけの風景ですね。

    瀬戸プリンセス

    これから発送に行きます。1日に何度も行くときもあります。

    瀬戸プリンセス

    形もよく赤みもしっかりと色付き、キレイな瀬戸プリンセスですね。他とは甘味が全然違うと直接お伝えしてくれるお客様がいらっしゃって、照れますがこのように言ってくださるのがとても嬉しいです。皆さんに喜んでいただきたいですね。

  • 2023年11
    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    (11月30日)収穫を始めました。今年は天候が良く晴れ続きなのでまだ水やりをしています。果実は水分をたっぷりと吸っていながらも十分の糖度があり、ぷりぷりの瀬戸プリンセスになっています。

    瀬戸プリンセス

    (11月2日)瀬戸プリンセスが少しづつ色付き始めました。11月に入っても全然寒くならず暖かいですね。日照時間が多くとても甘い瀬戸プリンセスにはなっていますが、朝晩の冷えが、柑橘を赤く染め、酸を糖に変えるのに必要な寒暖差です。心配しなくても冬はやってくるのですが、今年は少し遅めですね。日中暖かいので水やりもまだまだ続けています。

    瀬戸プリンセス

    リバーファームの瀬戸プリンセスの育て方は他と違うところがたくさんあります。上から木を見ていると果実があまり成っていないように見えます。

    瀬戸プリンセス

    でも下から覗くと、実はたくさん成っているんです。瀬戸プリンセスは細い枝に果実を残し、ゆっくりと栄養を吸い上げることで甘く成長します。そして光合成をたくさんさせるために単棟式ビニールハウスにして、さらに葉に日光が満遍なく当たるように横に枝を伸ばして、日陰をできるだけ作らないようにしています。高い木にせず、横に広げる育て方がリバーファームの特徴でしょうか。

    瀬戸プリンセス

    (11月2日)糖度は12.6度です。現在でも十分な糖度には達していますが、試食するとまだ酸が少し口に残ります。これからの朝晩の冷えが、この酸を糖に変えていくので、収穫祭までには十分甘さのある瀬戸プリンセスをご用意できそうです。収穫祭まであと1ヶ月、楽しみですね。

  • 2023年10
    瀬戸プリンセス

    (10月1日)瀬戸プリンセスの果実に割れが生じています。暖かい日が続き、果実が大きくなるのに皮が追いつかず、割れていきます。皮が薄いのが特徴ですが、薄いからこそ割れやすいのです。

    瀬戸プリンセス

    (10月1日)残暑が厳しく、寒暖差が少ないので果実の色が緑色のままです。これから寒くなると朝晩冷えてきて果実が黄色く色づいてきます。

    瀬戸プリンセス

    (10月1日)糖度は9.4度です。通年通りの糖度です。水分はしっかりとあり甘みも感じられますが、最後にまだ酸が口に残ります。これから気温がグッと下がってくるので、酸が糖に変わっていくのが待ち遠しいです。

    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    (10月6日)徒長枝を剪定しました。上に向かってまっすぐに長く伸びた枝を徒長枝と言います。これは花が付かず、どんどん栄養を取られていくので無駄な栄養の使用を抑えるために剪定します。徒長枝だけを剪定すると言っても木の見た目は随分スッキリと変わりました。それだけ徒長枝があるということですね。

  • 2023年9
    瀬戸プリンセス

    長かった摘果作業が終わり、これから甘い果実になってもらう為、肥料をあげます。

    瀬戸プリンセス

    残暑とはいえまだまだ暑い時期なので、虫よけの防除をしました。虫から発生する病気などに対策しています。

    瀬戸プリンセス

    夏間は数回行う草刈りもしました。虫対策にもなりますし、木々が病気にならないよう、雑草は取り除きます。農園がキレイでいることは、心もリラックスできますね。

    瀬戸プリンセス

    合間の時間に建物にも手をかけます。これは趣味でもありますが、テーブルや椅子、看板や暖簾、棚に至るまで自分で作ります。その時間が楽しくて、出来上がるととても嬉しいです。

  • 2023年8
    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    8月に入ってもまだまだ摘果作業は残っています。瀬戸プリンセスは、一つの枝にたくさんの果実をならせたりします。栄養が1つの果実にいくように、その中で1番良い出来の物を残し、他は全て摘果します。

    瀬戸プリンセス

    果実のおしりのあたりが膨らんでいる様な物も摘果対象です。

    瀬戸プリンセス

    一つの枝に30個ほどの瀬戸プリンセスがなっています。1本の木には1000個ほど?の果実がなっています。今年ほど多くの果実をつけた事はなく、より良い果実を残すことが出来ます。摘果作業はとても大変ですが、ありがたいことです。

  • 2023年7
    瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス 瀬戸プリンセス

    (7月21日)1箇所に集中してなっている果実は、大きくてきれいな物を1つだけ残します。

    瀬戸プリンセス

    中身はどのようになっているか、カットしてみました。触った感触はまだ硬いのですが、中は水分も含んでいてとてもいい香りがします。

    瀬戸プリンセス

    (7月1日)実が大きくなってきています。

    瀬戸プリンセス

    今年もたくさんの実が成っています。表から見ただけでも黄色の印がついている状態です。瀬戸プリンセスは、葉に隠れているので葉を持ち上げると驚くほどたくさんの果実が成っているのです。自然落下も大分止まっているのでこれから剪定に入ります。

    瀬戸プリンセス

    剪定の際に危険なのが瀬戸プリンセスの「トゲ」です。手や顔に危ないのは大きなトゲよりも、小さなトゲの方がとても硬いので怪我に繋がりやすいのです。気をつけて作業しなければなりません。

    瀬戸プリンセス

    剪定した枝は地面に置くのですが、その際大きなトゲを踏んでまうと足に突き刺さります。(ゴムの靴底くらいは貫通するので、地面にある大きなトゲがとても怖いです)安全靴を履いて作業しなければいけません。夏の剪定はとても暑く、危険なこともあり慎重に進めていかなければなりません。頑張ります。

  • 2023年6
    瀬戸プリンセス

    天気の良い日が続いています。瀬戸プリンセスの木にも、小さな実がたくさんなりました。

    瀬戸プリンセス

    剪定は7月に入ってからです。なぜなら、上記の写真のように黄色くなった実がありますが、これは自然落下と言って、木が自分で実を落とす現象です。ある程度自然落下が終わるまで、現在なっている実は成長させていきます。

    瀬戸プリンセス

    (6月5日)ハウス周りの草刈りをしました。農園がスッキリして気持ちが良いです。これから夏に向けて、雑草もまだまだ成長するので年に何度も草刈りをする必要があります。

  • 2023年5
    瀬戸プリンセス

    (5月1日)柔らかな新緑の芽が出ています。四季を感じられる良い季節ですね。

    瀬戸プリンセス

    たくさんのツボミが膨らんでいます。

    瀬戸プリンセス

    早いものは花がしっかり咲いています。これから花が咲くとビニールハウスの中に瀬戸プリの香りが充満します。

    瀬戸プリンセス

    草刈りをして農園もスッキリしました。農園がキレイだととても気分が良いです。

  • 2023年4
    瀬戸プリンセス

    剪定で出た枝を捨てます。その際ビニールハウスの中の草も取ります。昨年浅い剪定だったので、よく伸びた枝を切り落としました。たくさんあるので運び出すのも一苦労です。

    瀬戸プリンセス

    瀬戸プリンセスに肥料をあげました。年末までたくさんの実を付けてくれた瀬戸プリンセスの木は今、疲労が溜まっている状態です。栄養を与えて体力を回復させてあげたいと思います。

    瀬戸プリンセス

    (4月1日)小さな新芽が出ています。これから暖かくなるとあっという間に伸びていきます。

    瀬戸プリンセス

    (4月8日)1週間でこんなに伸びました。柔らかい新芽がとても可愛いです。

    瀬戸プリンセス

    (4月8日)今日で剪定が終わりです。少し寂しいくらいの隙間がありますが、これから新芽が伸びてどんどん大きく育っていきます。

  • 2023年3
    瀬戸プリンセス

    3月に入り暖かくなってきたので剪定を始めます。

    瀬戸プリンセス

    ↑剪定前・剪定後↓

    瀬戸プリンセス

    瀬戸プリンセスの剪定の仕方は他の柑橘と大きく異なり、葉にしっかりと日光が当たるように剪定します。内側に空洞を作ることで春芽・夏芽が伸びてきても日陰の部分ができないようにします。

    瀬戸プリンセス

    昨年は浅めの剪定をしていたので、今年はしっかりと強めの剪定にしました。

    瀬戸プリンセス

    剪定をしながら、今年果実が成る枝にビニール紐を引っ掛けて天井から吊り下げておきます。こうすることで細い枝が折れない様にするためです。一つひとつの枝を吊るすのは大変な作業ですが、細い枝に果実を成らせるのが美味しい果実を作るポイントです。

    瀬戸プリンセス

    日当たりが大事な理由として、同じ枝でも日当たりが良い所と悪い所で、悪い所は枯れてしまいます。日当たりが木にとってとても重要であることが分かります。

ご注文はこちらから

▲PAGE TOP